Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.11.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

季節

蕎麦狩り

default name

 

先週の土曜日は小春日和のとてもいい天気でした。そんな中、県境の町まで1時間半かけて、おでかけしてまいりました。

 

THE 蕎麦狩りだったのです。確か、種をまいた(ほんとに文字通り、パアアアとまき散らします。)のは9月だったと思うのだけれど、実がつくまでに成長するのは早いわねえ。それに、今回は普段より種まきを1週間遅くしたのがよかったとかで、ここ数年間の中で最も豊作でした。

 

蕎麦そのものは茎がやわらかいので、草刈りなんかに較べても、鎌で刈るのがとても楽です(ちょっとの量ならばね)。なにしろ、すぐ抜けてしまうほどでしたから。でも、根っこつきは=土がついているとなるので、どうも干すのには適さないみたい。コンバインなんかでガアアアとやってしまえば手っ取り早いのでしょうが、NPOの町おこしの一環として行われている一連のイベントですから、一つ一つの作業を楽しんでいかねばと。

 

ということで、鎌での作業を頑張りました。なかなかノルマを果たすことができなかったけれど、なんとか昼前には終了いたしました。この日は暖かだったものだから、汗びっしょりよん。

 

次は新そばを味わう会かしらね。

  • 2016.11.15 Tuesday
  • 16:08

季節

梅シロップ

rps20160603_213337.jpg

実家の庭に一本だけある梅の木がたくさん実をつけています。いよいよ梅仕事です。

高い枝先にある実は太陽の恵みを受けてか大きいのよね。脚立の一番上に乗っても届かず、もったいないので、結局、枝をのこぎりで切って実をとりました。「桜切るバカ、梅切らぬバカ」っていいますしね。収獲してみると、結構な量になってびっくりよ。

何年か前に、アルコールはだめなくせに梅酒を作り、それがまだ残っているので、今回は梅ジュースにします。実と氷砂糖を交互に入れた後、左のビンはお酢を、右のビンにはブランデーを少し入れました。お酢の方は早速梅の実の色がどんどん変わってきました。すごいな。

残った梅は、実家の母が梅干しに漬けてくれます。シロップは簡単だけれど、梅干しは手がかかるもんね。

   
   実梅もぐ 最も高き 枝にのり    
                    久女
  • 2016.06.03 Friday
  • 21:34

季節

蕗の薹

rps20160304_222501.jpg

ふきのとう第2弾を大量にいただきました。おかげで春の香りで、いっぱいです。本当は強い香は苦手なまぐネッタなのですが、ふしぎと、ふきは平気なのよね。山椒だってだめなのにね。

で、まずは急きょ夕食をてんぷらに変更しました。さつまいもも、かぼちゃもあいにくなくて、桜エビのかき揚げ、しいたけ、そしてふきのとうです。ふきのとうには天つゆでなくて、お塩だわね。

そして、食後にふきみそを作りました。ご飯がますます進みます。

で、残ったのが、この写真の量です。すごすぎ!! おすそ分けに回らねば。


  雲流るる日や蕗の薹にひざまづき     
                    大野林火
 
  • 2016.03.04 Friday
  • 22:25

季節

謹賀新年2016

rps20160102_184816.jpg

明けましておめでとうございます。

昨年は大切な1人と一匹とのお別れがあって、喪中のお正月となりましたから、穏やかに静かに過ごしているつもり。

最近はお客様も減って、おせちを作るのもどうしようかなと迷ったのですけれど、古くからのお重を出してこないことの方が気になって、一応形だけ調えました。

それでも、黒豆も炒りなますも実家の母のをもらってきて、買ってきたものも入れて、なんとか四の重まで詰めました。昔のお重は大きくて厚くて重いのよね。下には、段までついてるので、載せるとかなりの高さになります。

さて、お得意のはずの伊達巻も今一つの出来で、ちょっとがっかり。もう少し火を強くして、こげめをつければよかった。お煮しめは今までよりよかったかも。出汁がよかったたんでしょう。

暖かな日が続いているので、とにかく早めに食べなくてはと、ちょっと無理しているかも。なんだか、新春2日目にしてカレーを食べたくなっているまぐネッタなのでした。

では、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
  • 2016.01.02 Saturday
  • 18:50

季節

おはぎ

rps20150921_220436.jpg

今年の秋は思いの外、涼しい日が多くて助かります。ま、雨は多すぎますけれど。で、お彼岸が近づいたら、ちゃんと彼岸花や萩の花が咲きだしました。ちゃんと秋は来ています。

秋はなんといっても、おいしいものが多いからたまらないわねええ。
実家の母の恒例の栗おこわもすでに2回食べ、本日はまぐネッタ製のおはぎです。春はバタバタしていて作れずじまいでしたから、今回は父のところへも届けました。今回の器は父が好きだった曲げわっぱよ。でも、わっばはおはぎより、お寿司の方があうなあ。
ちょっと残念!

それから、木曽福島と中津川の栗きんとんもすでにおいしくいただきました。後は和栗モンブランだわね。

ますます体重を増やすまぐネッタでした。
  • 2015.09.21 Monday
  • 22:05

季節

皐月

rps20150501_153214.jpg

薫風さわやかな5月になりました。若葉も色鮮やかだし、風もここちよいし、何よりさすがの花粉症も終わったし、本当によい季節よねえ。今朝は夫もクールビズだと喜んで出かけていきましたが、実際は連休明けからだったみたいで。ま、一応ネクタイは持って行ったのでいいか。

さて、ここのところ、実家の片付けに精をだしているのですが、母が見つけ出したものは、なんと、幼き日のまぐネッタの絵やプリント、ノートなんかでした。大半は前夜のうちに、先に処分されたので、まぐネッタが見たものは、この写真にあるものだけなんだけど。

そしたら、ちょうど、鯉のぼりと、母の日のお絵かきなんで、ここにアップさせてもらったというわけ。それにしても、まぐネッタ画伯の絵は、没個性的だわねえ。ステレオタイプというか、なんというか・・・。やっぱ、こっちの方に才能は恵まれなかったわけよね。

でも、絵日記の方の文章は、先生がほめて赤ペンを入れてくださってあったわ。こっちの方がましだったみたい。

片付けはまだまだ当分終わりそうもないな。とほほ。
  • 2015.05.01 Friday
  • 15:33

季節

新茶

rps20150430_173307.jpg

新茶の季節になりました。ここふじのくには、お茶産地ですから、みなお茶が大好きよね。

新茶をいただいので、早速、父の茶器で入れてみました。今年初です。

なんか深蒸しの新茶?みたいで、色がやたらに濃く、鮮やかです。その分、香は減るのかな? ちょっとえらそうですけれども。

お茶そのものもそうだけれど、急須の中の出がらし茶葉の若く美しいこと。やっぱ新茶よねえ。

明日はいよいよ5月です。気持ちも新たにいろいろ取り組まねばと思います。京都通学も再開しなくては。
  • 2015.04.30 Thursday
  • 17:33

季節

七草粥


rps20150107_185622.jpg

昨日、初登校しましたけれど、京都紫野にある大学構内には、まだ隅の方に雪が残ってましたっけ。寒かったたわあ。

さて、本日の夕食には七草粥を。ベタな写真になってしまいました。こういうのを湯気付きでおいしそうに写真を撮るのってむずかしいわねえ。

七草粥は、青菜の香りが強くって、胃がしゃきっと刺激されたような感じがするわね。お正月中、やたらにだらだらと食べ続けていたから。でも、ごはんもおかずもしっかり食べてては、胃はリフレッシュできてないわね。

では、一句どうぞ。

 七草や 朝の火の色 水の音
              小檜山繁子

冷え込む朝、七草粥をととのえる台所の光景が目に見え、耳に聞こえるような名句ではありませんか。ことことと粥を炊く小さな焔、ふつふつとたつ泡、いいわねえ。京都の町家のような台所で、割烹着を着なくては。


 
  • 2015.01.07 Wednesday
  • 19:04

季節

お盆

rps20140813_103159.jpg

つい先日夏休みに入ったとばかり思っていたら、本日はお盆です。なんて早いの?!!

で、今年のお盆飾りの牛をご披露します。ここのところ、まぐネッタ風の肥満牛が多かった気がいたしますけれども、今年の子は、ちょっとスリムではありませんか。

早速、お水とお米をあげました。お水はもう飲んでしまったみたい?!! かわらけはほんとにすぐ乾いてしまいますね。

迎え火もたきましたけれど、今年の松はほんとに火がつきにくくて、苦労いたしました。

では、皆様も夏休みをゆっくり過ごしてくださいませ。
  • 2014.08.13 Wednesday
  • 10:33

季節

八十八夜

rps20140502_173817.jpg

♪♪ 夏も近づく八十八夜 あれに見えるは茶摘みじゃないか
   あかねだすきに すげの笠      ♪♪
    
最近、茶畑の中の道を車で走ることが多いので、新芽のきれいな黄緑色がよく目につきます。きれいよね。茶畑の多い、この辺ならではのG.W.の風景だわね。

あかねだすきに・・・も、この辺は、ミスなんとかみたいに、茶娘も選ばれたりしているから、なんとなくなじみがないわけではないし。

我が家でもお新茶をいただきましたので、早速入れてみました。初夏の到来です。
 
  • 2014.05.02 Friday
  • 17:39