Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.11.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

京都

京都・もみじ

rps20151127_101811.jpg

学内の学会のため、今年も京都2泊でした。観光シーズンのため、毎年8月中に宿をとっているのですけれど、それでも苦労します。なにしろネットの売り出しが極めて少なく、しかも料金がバカ高です。ま、しかたないか。

で、もっと残念なのが、今年の京都の紅葉です。上の源光庵の写真を見ていただければわかりますが、暖かな日が続いていたせいなのか、色づきは悪いし、葉は落ちているし、全く××。ああ、残念!! まぐネッタのまわりの京都市民も皆口々に嘆いています。だけど、報道では何も言わないんだわね。

夜は、無料券をもらったので、知恩院ライトアップへ。紅葉はここも×。でも、ちょうど「阿弥陀堂でお勤め中ですから、ご一緒にどうぞ」と言われ、入ってみました。各人用に小さな木魚が用意してあるので、何百回と南無阿弥陀仏を唱えながら叩いてきました。

昼間にでかけた東本願寺でも、金箔をはりめぐらした阿弥陀堂の無料公開中でした。おまけに報恩講というののまっさい中で、中に入ることができました。ただ広い本堂で何十人ものお坊さんたちが高らかに唱えるお経は迫力があるわねえ。

というわけで、なんだか観光だけしているみたいだけど、本来の目的はお勉強です。今朝は8時集合で、9時開会のトップバッターとして発表し、夜の懇親会まで出てきました。だから、今は、自己嫌悪の塊なんです。とほほ。
  • 2015.11.27 Friday
  • 10:19

京都

京都・初弘法

rps20150121_205938.jpg

昨日で後期の授業は終了です。院生は試験がないので、めでたく春休みに突入よ。あっという間だわよね。

で、京都に一泊しました。というのは、今日は退官教授の最終講義と、夜のお別れ会があったからです。よくTVなんかで見たことはあるけれども、実際に最終講義というものに出るのは初めなのでとても楽しみでした。花束贈呈なんかもちゃんとあったわね。

退官されたのが、有名な俳人の先生だったので、同人の方たちも大勢見えていました。「言葉と生きる」と題された講義では、最後に、小学生の俳句を示されながら、70歳であっても子供と同じ視点を保ちたいとお話されてたわね。

夜は院の先生方と院生たちとでお別れ会を。白川沿いのお店で、とてもおいしい和食をいただきました。小さな大学だから、先生方も院生も研究生もみな顔と名前がわかるし、わきあいあいとしたとてもよい雰囲気でした。最後のごはんだけは、新幹線の時間の関係でパスしたのが残念だったわあ。

さて、写真をご覧くださいな。東寺です。毎月21日は、東寺では弘法市が開かれ、境内にはそりゃあたくさんの露店が勢ぞろいします。12月は終い弘法、1月は初弘法といって、より盛大に。今回、最終講義と初弘法の日が一緒でラッキーでした。空海さんのお寺、東寺に初詣をし、弘法市を楽しんで、そして大学へ。講義のあとは、京都府の書展へも出かけました。京都府は有名な書家がたくさん見えるので、とてもハイレベルなんですって。

ということで、充実した2日間となりました。
  • 2015.01.21 Wednesday
  • 21:00

京都

京都・平等院

rps20141128_172318.jpg

月末は、京都2泊3日のお勉強です。それでも、中1日は宇治にやってきました。

平等院の補修が終わり、公開されたからよ。以前は、塗りがはがれ、木の色がむき出しになっていましたけれど、今回は赤茶色?にきれいに塗られ、極楽浄土って感じになりました。内部は極彩色に彩られているようなのですけれど、2時間待ちということで、断念しました。

写真をご覧くださいな。池のきわの紅葉とで、いい感じでしょ。

この日は小春日和の本当にいい日でしたから、この後、中州を通って宇治川を渡る散策コースを楽しんできました。

最終日の学会では、自己嫌悪の塊となり、苦い思いをしてきました。もっときちんと学ばなくては。昨年も同じように思いはしたんだけれども、すぐに忘れてしまったのよねえ。とほほ。

 
  • 2014.11.28 Friday
  • 17:24

京都

京都・おばんざい

rps20141022_211309.jpg

あらら、ピンぼけ写真で失礼します。

さて、昨夜の学食での夕食とはうってかわり、本日はおばんざいです。今回のフォーラムは懇親会がなかったので、熟女女子大生4人でお食事会をしました。まぐネッタは若い方から2人めよん。これってすごくない? いったい平均年齢はいくつなんでしょう?

で、四条河原町までやってきました。ここは、伏見のお酒「黄桜」がやっているおばんざいのお店です。残念ながら、まぐネッタはウーロン茶専門ですけれどね。

確かに学食もすばらしいけれど、京都ならではの和食をみなさんでいただくのは格別よ。お通しが、黒盆にのった4品もありました。単品をいろいろ頼んで、シェアして楽しみました。

それからお料理以外にも気にいったのが、箸置きです。ピンボケ写真ですけれど、よくご覧くださいな。箸置きは、黄桜酒造のあのかっぱが描かれたとっくりに、盃がついてるんだわね。かわいいでしょ。
  • 2014.10.22 Wednesday
  • 21:16

京都

京都・和食定食

rps20141021_220940.jpg

今日から京都2泊です。で、本日は豪華な懐石料理ではなく、お得な学食和食定食410円ね。

ご飯と豚汁、鯖のしょうが煮、豆腐のステーキ?、漬物よ。

ご飯がとても多いので半分にしてもらったけれど、それでもたっぷり過ぎました。学生仕様だわね。

で、20時まで図書館でねばりました。

翌朝は、またまた学食朝食230円なり。ご飯とお味噌汁、ふりかけ1袋で100円。あとは小鉢を自由につけます。

学食万歳!!
  • 2014.10.21 Tuesday
  • 22:15

京都

京都・迎賓館


rps20140803_210723.jpg

ここはどこ? 京都御苑内にある迎賓館よ。

今年度の京都迎賓館見学抽選に申し込んだら、めでたく当たったんです。最近は、当選率もずいぶん低くなっているみたい。で、本日、出かけてまいりました。

許可証と免許証持参で、セキュリティも結構厳しいしいのですけれど、カメラだけは持たせてくれるし、中では写真撮影が許可されているところもかなり多く、パシャパシャ撮ってまいりました。

ここの建設にあたっては、京都のたくさんの伝統技術を活用しています。数寄屋大工、左官、建具、表具、畳、錺金物、漆(蒔絵・螺鈿)、截金きりかね、庭園、石造工芸と竹垣、西陣織、京繍・・・とね。

まぐネッタが勝手に思うのには、四谷のあの洋風の迎賓館は、やっぱり西洋の真似ものに過ぎないんじゃあないかなあ。本物にはどうやってもおいつかないし。けれど、この京都迎賓館は日本の伝統技術の粋が集められていて、奥深く気品高い空間になっていると思います。せっかくですから、日本の誇る文化や技でおもてなしをしなくっちゃね。

さて、「桐の間」には、TVで見たあの全長12mの漆一枚仕上げの座卓が、ぴかぴか光っておりました。京都の有名料亭が交代で和食を提供するのだそうですが、いいわねえ。海外からの賓客には、ここに泊まって、お食事もして、日本を十分味わっていただきたいわね。

 
  • 2014.08.03 Sunday
  • 21:08

京都

京都・胡粉ネイル

rps20140523_111741.jpg

前からちょっと気になっていた「上羽繪惚(日本画絵具専門店)」さんの"胡粉ネイル"を買ってみました。京都駅の伊勢丹別館ビルで買えるというのでね。なんと、30色もあったわあ。

"胡粉"というのは、ホタテ貝殻を原料としたものです。日本画とか、京人形の顔料に使われてきたのですって。

「上羽繪惚」さんは、創業は宝暦元年(1751)で、260年続いているのだそうですから、びっくりよん。調べてみたら、1751年って、徳川吉宗や大岡忠相が亡くなった年なんですけど。さすが京都だわね。

で、天然素材である胡粉の技術を生かして作っているネイルですから、爪にも優しいというわけです。なにしろ、刺激臭が全くないの。すぐ乾いてしまうしね。それに、除光液がいらないなんて、すごくない? もちろん除光液でも落とせますが、ただのアルコールでもいいし、実際お風呂とか入っていると、結構とれてしまうと店員さんは言ってました。

だから、何日もおしゃれしていたい人には向かないわね。リーフレットには、こうありました。「胡粉ネイルはOne dayタイプのマニキュアです。簡単に塗れて落とせる、いわばネイルコート、リップクリームのようなものと思ってください。」とね。まあ、おしゃれが苦手なまぐネッタにぴったりじゃないの。

それに、素材の良さもさることながら、このレトロ感あふれた(というより、ほんとに古いわけなんだけど)ラベルのデザインなんかもしびれるわよねえ。白狐印だし。本店の場所だって、燈籠町ですって、燈籠町よ。

ちなみに、写真の色は実物とはちよっと違います。念のため。






 
  • 2014.05.23 Friday
  • 11:20

京都

京都・ZEN CAFE

rps20140424_214007.jpg

今回は2日目午後のフォーラムと夜の懇親会以外は、講義、そして図書館で頑張りました。まとまった時間があったので、研究個室を借りて、落ち着いて取り組みました。

さて、本日は、講義の後、すぐ大学を出て、ちょっと息抜きに。ずっと行きたかったZEN CAFEへ、出かけました。

くずきりで有名な鍵善良房が、モダンなカフェを出しているのです。そりゃあ、お・し・ゃ・れ よ。

写真はおひとり様用のテーブルね。くずもちと煎茶のセットです。お菓子の味はもちろんのこと、器も家具もそりゃあすてきです。

学食の喫茶180円もいいけれど、やっぱり大人仕様のカフェはすばらしいわよねえ。大人でよかったと思えるひとときでありました。

この後、京都駅で蓬莱の豚まん買って、帰ってきました。連休中は演習の発表準備をしなくては。
  • 2014.04.24 Thursday
  • 21:41

京都

京都・茶道資料館

rps20140423_212223.jpg

本日はフォーラムで、茶道資料館にやって来ました。

本法寺展というのが開催されていて、本阿弥光悦作の螺鈿の箱や、書を見ることができました。

それと、茶道体験もね。何十年ぶりかの盆手前です。お菓子は鼓月の桜餅で、おいしくいただきました。院生や研究員、先生方も一緒にお薄を点てあっていただくというのも、なかなか楽しかったわ。

夜は懇親会でした。今回は、両方とも幹事だったので、一応?無事終わってよかったわあ。
  • 2014.04.23 Wednesday
  • 21:27

京都

京都・喫茶

rps20140422_222047.jpg

授業とフォーラムのため、今週は2泊3日の京都行きです。

泊まりのため、時間のゆとりがあり、同期生でお茶しました。

昭和の香りがするでしょ。「ドルチェ」って名前なんだけど(笑)。すごすぎるネーミングよね。

で、180円なり。すばらしいわね。さすが、学食の喫茶だわん。
  • 2014.04.22 Tuesday
  • 22:30