Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.11.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ご飯

おはぎを作ったのだけれど

rps20160922_102740.jpg

 

やたらと降り続く雨。確かに秋雨という言葉はあるけれど、なんだか梅雨の時期より、たくさんの雨が降り続いているような感じです。

 

さて、お彼岸です。栗おこわが続いているので、この間隙をぬって、お中日におはぎを作りました。が、大失敗でした。

 

いつもは小豆1袋300gだったはずなのに、今回買ったものは250gだったのですね。そうとは気づかず、おまけにお砂糖がちょっと多めに入ってしまったものだから、甘い! 甘いんです。もち米もなんだかちょっと柔らかすぎて・・。大失敗でした。

 

ちゃんと量を確かめる。これ、大事ですね。

 

 

  • 2016.09.22 Thursday
  • 10:28

ご飯

栗おこわ、始まってます。

rps20160921_135057.jpg

 

今年の栗おこわ第2弾が先週でした。ってえらそうに書いているけれど、もちろん、作っているのはまぐネッタ母です。おふくろの味No,1だわね。

 

今年も早生の栗が結構大きくって、おいしいわ。本日もまたJAの市へ行って、追加の大袋2個を買ってきました。実家へ届けます。いくらあっても足りないのだからね。なにしろ、毎土曜日に作っているのですから。

 

さて、写真をご覧くださいな。今回のは製作中のものよ。途中の水うちのときにパチリとね。もち米は2升に少し欠けるくらい、栗はどのらいかな? 

 

この和食用のセイロは、東京上野のかっぱ橋道具街の専門店に母を連れて行き、買ってきたもので、かなりの大きさです。この下に、大きな平鍋でお湯をぐらぐらぐらぐらと沸かします。来月になればすこしはいいのでしょうけれど、まだまだ暑くて、暑くて、たまりません。って、まぐネッタは製作中は主に精神的支援が担当なんだけど。

 

栗おこわの回数が増えていくたび、秋は深まっていきます。今年は何回食べられるかしら。そして、どのくらい太るのかしら。

  • 2016.09.21 Wednesday
  • 13:52

ご飯

初めての白菜漬け

rps20151224_172829.jpg

暖かなというか、結構暑い日もあったりして、冷え性とは無縁のまぐネッタは結構半袖ポロシャツなんかを着たりしています。今日も帰宅して、いきなり半袖に着替えました。さすがに、外では長袖にしてるけれど、車の中なんて暑いもんね。

で、野菜がすくすく育ちすぎるようで、値が下がってずいぶんたちます。で、白菜をたくさんいただいたので、初めて白菜漬けに挑戦よ。ネットでレシピを見ると、塩の量が、2,5  3  4%とかいろいろあって困ります。情報が多いというのも、戸惑うわねえ。

で、3%で挑戦してみましたけれど、ちょっとしょっぱっかったかも。

でも、初めてにしては、白菜の漬物めいたものが結構簡単にできて、自分では感激です。2度漬けなんかしないんですから、楽よね。ネットのレシピの中には、少量の白菜を昆布茶を使ってジブロックの袋で漬けるなんてお手軽なものもあったし。

大根は、ここ数年作っている、大根のハリハリ漬けよ。これも結構簡単です。

お日様さえ顔を出してくれれば、結構おいしいものが作れるわね!! 塩分過多には気をつけなくっちゃならないけれど。
  • 2015.12.24 Thursday
  • 17:29

ご飯

栗おこわ

rps20150927_184441.jpg

「スーパームーン」とか、中秋の名月を迎え、本格的に秋よね(この日本語、正しい? ま、いいか。)。実家の母のおかけで、我が家の食卓も、早第3弾の栗おこわを迎え、秋真っ盛りです。お吸い物にはすだちをたっぷりかけ、揚げ秋ナスの煮びたしに、北海道のお土産のいくらのしょうゆ漬け。ああ、いくら食べても、食べ足りないわよね。食べきれないじゃなくってさ。

今回は、父の大好きだった沖縄の大きなごはん茶碗に栗おこわをよそいました。たっぷり食べられるもんね。この時期は、がりがりにやせている実家の母ですら、おこわのおかげで少し太ったと言っているくらいですから、まぐネッタなんて、パンパンよっ。

さて、長かったはずなのに、えらく短かったまぐネッタの夏休みも、さすがに今月で終了です。10月1日から京都通学を再開します。食欲だけでなくって、少しは学問の秋にしなくっちゃあ。
  • 2015.09.29 Tuesday
  • 16:46

ご飯

外食・フレンチ

rps20150621_204301.jpg

外食するということが(昼間の女子会は別だわね)すごく少なくなってきていました。おいしいものは食べたいのに、着替えも化粧もめんどくさいとか・・。これはいけませんね。

というわけでもないけれど、金曜日夜は久しぶりにフレンチを食べに出かけました。なんだか知らないけれど、やたらに道が渋滞していて、到着まで1時間以上かかってしまったわよ。とほほ。途中で仕事帰りの夫を拾ったのだけれど、待ちくたびれたみたいよ。

で、いよいよ食事です。ここのお店がいいのは、コースの中にスープがなくって、別注文になります。まぐネッタはいつもスープはなくてもいいわと思っているので、願ったり、かなったりよ。できれば、和食のように、汁物は最後の方で出てほしいと思っているのです。

それと同じメニューで量が少なめコースもあります。そんなに少ないわけではなくって、5,000円が3,500円になるなら、ダイエットにもいいっしょ。

それに、デザートの前に、チーズのサービスがあります。ワインじゃなくって、サービスのルイボス茶を飲んでいるのに、ちゃっかり3種類切ってもらいました。癖がなくっておいしかったわ。

ここのシェフのお師匠さんは、まぐネッタの好きな別のお店と同じだそうで、なんか通じるものがうるわね。さっぱり系でいいわあ。ごちそうさまでした。

写真は最初に出てきたのですけれど、確か、山芋とトマトのなんとかかんとかというのでした。全く覚えてないいけれど、とにかくおいしかったわあ。
  • 2015.06.21 Sunday
  • 20:43

ご飯

いちごジャム

rps20150512_111624.jpg

ふつふつとお鍋の中でイチゴが煮えてます。泡もいちご色でそりゃあきれいよ。

ただいま、今年1年分のいちごジャム作製中です。実家の母がね。(まぐネッタは撮影のみ。そして食べるだけええ。)

一人暮らしが始まってしまった実家の母ですが、それでも今年もジャムを煮始めてくれました。甘くていい香りが充満してます。

今回、改めて痛切に感じたのは、料理というのは相手がいて初めて始まるのだということよね。ま、わかってはいたことだけれども。母のようにどんなに料理好きであっても、自分一人の栄養摂取というもののためだけに、根をつめて料理というものをするかしら? しないわよね。喜んで食べてくれる家族とかがいて、初めて成り立つものよねえええ。実感!!

そこでいい歳をしたまぐネッタではありますが、親孝行を兼ねて、いろいろリクエストをだすことにしてみるわ。なんか安易な発想で、底が透けてみえますけれどもね。ま、いいわよね。

本日、実家で食べてきたチャーハンと、新じゃがの揚げ煮もそりゃあおいしかったわよ。これも親孝行よねえ。
 
  • 2015.05.12 Tuesday
  • 15:26

ご飯

節分

rps20150203_220848.jpg

節分です。いつ間にやら、恵方巻とやらを食べる習慣が根付いてしまい、いろんなお店で売られています。まんまと商法に乗せらている感がなくもないけれども。

まぐネッタは、またまたお料理・お習字上手のシンプウさんとともに巻いてまいりました。結構きれいなお寿司の華が咲いているではありませんか!! もちろん、恵方巻として食べる長めのも作りましたけども。

2回めの巻きずしということで、自分でもなんとなくコツがつかめてきた感じがするわね。「習うより、慣れろ」とはよくいったものよね、実感!!

夕食前には、夫が代表して1回だけ豆まきをしました。千葉県産落花生よん。ご近所の優秀な若者のお土産にいただいたものをとっておいたんです。これで厄落としは終了よ。

ですが、実は、お寿司を巻くときに、立ってしていたら、終盤、突然、腰の下の方に激痛が!!! 直立不動ができず、前かがみになっておばあちゃんのようにしか歩けなくなってしまいましたっ!! 前かがみの姿勢が長かったのがよくないのかなあ? でも、台所仕事はいつもこうよねえ。

車の運転は大丈夫だったので、帰ってきてすぐ横になりました。今朝はずいぶんよくなって、直立歩行できています。逆に、まえかがみがつらい感じかな?  ひざ痛も治っていないのに、腰まで傷めるなんて、ほんと歳よねえ。
  • 2015.02.03 Tuesday
  • 22:09

ご飯

おせち

rps20150102_100531.jpg

元旦ですでにおせち料理に飽きがきました。作るときは結構時間がかかるのにね。

夫の祖母が嫁入りのときに持ってきたというお重は昔のものなので、かなり大きくて深いし、四段あり、しかも下に台がついています。写真左のお重の下よ。これがあるので、四段重ねたときに、台の側面の穴に手を入れて、持ち運べばいいので、とても重宝します。

で、毎年のまぐネッタのお得意は、まず伊達巻です。魚のすり身じゃなくって、白はんぺんを使えば、さっとできあがりよ。それから、栗きんとんね。それで、スダチをふんだんに使ったなますです。煮物も作るけれど、得意ではないし。数の子もあんまり好きではないし。

四の重は、毎年、夫がデパ地下で買ってきた中華をいれます。これが一番好評なの。とほほ。

それから、今年は富山名産だという蒸し蒲鉾をいただいたので、それを切りました。昆布とか巻いてあって(赤い方は何かしらね)、きりくちがなるとのようだわね。

最近はおせちを買おうかなとも思うのですけれど、そうすると、このお重は永遠に出してこないわけで、年に1回くらい出して使う方がいいかなと思うわけで・・。

さて、新年2日めにして、ガロがかなり本格的なう○ちをしました。ああ、よかった!! 整腸剤はまだ飲ませていますが、エサの量をふつうに戻していきたいと思います。とにかく、激ヤセを止めなくっては。まぐネッタの激太りは止まらなくてもねっ。

新年早々、下ったお話の連続で失礼いたしました。
  • 2015.01.02 Friday
  • 10:06

ご飯

ごちそうさまでした

rps20141019_085515.jpg

ホントはタッパーから出して、ちゃんと器に盛り付けて、かっこよくしてから写真を撮ればいいのだけれど、とにかくおいしいにおいでいっぱいで、早く早く食べたくって、急いで写真を撮っちゃいました。

今年もお祭りでごちそうを作ったシンプウさんに、どっさりお料理をいただいてまいりました。お客様が見えるので、炊いたご飯は2升、ポテトサラダを作ったマヨネーズは2本使ってしまったそうですから、すごいわあ。

自分で作らなくても、おいしいものがいただけるのは幸せよね。まだ、春巻の具もたくさんいただいたので、これから巻いて揚げなくてはね。楽しみ!!

やっぱ持つべきものはお料理上手のお友達よね。あっ、違った。お習字上手のお友達でしたっけ。
 
  • 2014.10.19 Sunday
  • 08:56

ご飯

田んぼの中の

rps20141006_141852.jpg

田んぼの中のカジュアルフレンチのお店でランチをしました。最近、このお店の前をよく通るので、寄ってみたんです。グルメの本にも紹介されてたのでね。

そしてら、このコースのお値段は、税込1,080円です。びっくり!! 夜も同じコースがあると聞いて、2度びっくり!! すごおい!!

まず、ジャガイモとかぼちゃのスープ。サラダ。そして、写真のメインディッシュの真鯛のポアレ。レモンソースです。
そして、デザートはロールケーキ、コーヒーで〆よ。

何回も書くけれど、これで1,000円なんですごいわよね。スープなんかも、よく安いランチにあるインスタントっぽいようなのが持ち手つきの小さなマグカップで出てくるというのは違うんです。ちゃんとスープボールで出てきます。

お味もそこらへんのお安いファミレスなんかとは別物です。とにかく、お値段からは考えられないほどに充実してると思ったわね。

まぐネッタはお酒が飲めないので、よくわからないのですけれど、ワインリストにもかなりの種類がありましたから、もう少し、お高いコース(それでもね5,000円でかなりおつりがくるはず)を頼むのもいいかもね。

肝心のお店の名前は、確か「ラパン」だったと思うな。
  • 2014.10.06 Monday
  • 14:19