Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.11.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

わんこ

ガロちゃん、ありがとう!本当にありがとうね!!

rps20151017_135303.jpg

皆様、今までガロのことをいろいろ楽しくお伝えしてきましたけれど、とうとうその日がやってきてしまいました。

10月14日19時30分、ガロはまぐネッタ家とお別れし、虹の橋を渡っていきました。16年と3か月1日でした。今頃は、妹犬ももちゃんやふうちゃん、姉犬のモモちゃん、お母さん犬のメイちゃん、そしてお友達犬の・・・、たくさんのわんこちゃんと再会し、楽しく過ごしていることでしょう。

先週、ガロはまた眼振の症状が出て、通院しました。体調を考え、シャンプーも1週間延期となったくらいです。それでも、早めに症状が治まり、シャンプー翌日の12日には、目標だったわんこ会に元気に参加することができたのです。

歩けないから、ベンチに寝ながら参加でしたけれど、平時のように眠りこけることもなく、他のわんこちゃんの刺激を受け、とても楽しそうでした。おかげさまで、秋晴れの月曜日、すてきなひとときを過ごすことができました。

ところが、翌火〜水曜日の夜中にまた眼振が出始め、水曜日の朝はご飯を食べることができませんでした。ひかりさんでレントゲンを撮ったら、肺に水がたまっているということで、いろいろ処置をしてくださったのですけれど、結局、どんどん症状が悪化してしまいました。お家に帰るために、酸素のお部屋のレンタルも手配して夜連れて帰ってきたのですけれど、なにしろ体力がなく、力尽きてしまいました。

まぐネッタはまだまだ涙が止まらないのですけれど、自分でも思いの外、大丈夫かもと思っているところです。

それは、ガロが16歳という長寿を全うできたこと、寝たきりになってからの2か月半毎夜添い寝できたこと、そして最期のときはまぐネッタの抱っこの腕の中だったということが大きいと思います。

それに、前日にシャンプーしてお召かししてわんこ会に参加し、みんなにちゃんとお別れを言ってきたなんて、ガロちゃん、やるじゃないの!という感じかな? さすが我が家のおぼっちゃまよね。

そして、今回のことで、ガロとまぐネッタが今まで多くの方々に強く支えていただき、あたたかく見守っていただいてきたということをあらためて痛感しました。皆様からのお気持ちに、心からお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。


             ガロちゃん、今までありがとうね! いつまでも忘れないよ!!
 
  • 2015.10.17 Saturday
  • 14:09

お出かけ

青山アンデルセン

rps20151004_080902.jpg

この土日は、東京渋谷で開かれている学会(えらそう!)に参加です。もちろん、聞くだけね。なにしろ、大学院の支援費で、参加・交通・宿泊費を全部出してくれるというので、内容には全くついていけないのに、喜びいさんでやってきました。

渋谷駅そのものもすごく変わりつつあるし、まぐネッタの通った大学のあたりも高層ビル化して、すごく変わっています。そりゃそうだわね、あれから30年以上経ってしまった・・・。

で、渋谷のホテルは素泊まりにして、日曜朝は歩いて、青山アンデルセンまでやってきました。懐かしい!! 開店と同時に入ったので、イートインコーナーしか開いてなかったのは残念だけれど、焼き立てパンはおいしかった! 昔は、ここも、お向かいの紀伊国屋スーパーなんかも都会的で、すごく高級感あふれる感じがしたものよね。今は、さほどではないけれど、それでも、都会の朝食はそれだけで気分がいいものです。

朝食後は仕方なく、学会へ。ちんぷんかんぷんの内容で、またまた居眠りをしてしまいました。とほほ。やっぱり身の丈にあったことをしなくちゃいけませんね。
  • 2015.10.04 Sunday
  • 08:31

ご飯

栗おこわ

rps20150927_184441.jpg

「スーパームーン」とか、中秋の名月を迎え、本格的に秋よね(この日本語、正しい? ま、いいか。)。実家の母のおかけで、我が家の食卓も、早第3弾の栗おこわを迎え、秋真っ盛りです。お吸い物にはすだちをたっぷりかけ、揚げ秋ナスの煮びたしに、北海道のお土産のいくらのしょうゆ漬け。ああ、いくら食べても、食べ足りないわよね。食べきれないじゃなくってさ。

今回は、父の大好きだった沖縄の大きなごはん茶碗に栗おこわをよそいました。たっぷり食べられるもんね。この時期は、がりがりにやせている実家の母ですら、おこわのおかげで少し太ったと言っているくらいですから、まぐネッタなんて、パンパンよっ。

さて、長かったはずなのに、えらく短かったまぐネッタの夏休みも、さすがに今月で終了です。10月1日から京都通学を再開します。食欲だけでなくって、少しは学問の秋にしなくっちゃあ。
  • 2015.09.29 Tuesday
  • 16:46

マグネット

マグネット紹介その534

rps20150926_145425.jpg

皆様はきっとシルバーウィークには遠方へもお出かけになって、いろいろと楽しまれたことでしょうね。我が家はここのところずっと近場でのんびり過ごしています。出かけても、2,3時間もすると、1人いや一匹だけおいてきたガロのことが気になって、気になって・・・。とても遠くへなんて出かけられませんわ。

ガロもせっかく厳しい夏を乗り越えたのですから、なんとしても秋はゆったり過ごし、わんこ会に参加せねば、長老としての責任がはたせなく・・なくはないけれど、みんなに会いたいよね。ここで体調を崩すわけにはまいりませんから。

で、天気が良かったので、ガロにはお留守番をしてもらい、掛川のステンドガラス美術館へ行ってまいりました。混んでいるかしらと心配したのですけれど、オープンしてしばらくたつせいか、空いていました。よかった、よかった。

ステンドガラスはなんといっても、外からの採光がものをいうので、天気のよい日にでかけねば損ですもんね。でも、小さな美術館では、教会の天窓のように大きく、たくさんはめこむことはできないので、一部は背面から電気を照らしているみたいです。

それでも、素敵でした。考えてみれば、ステンドガラスをこんなに間近で見ることってないものね。至近距離で見たら、描かれた絵の緻密なことにびっくり。逆に、こんな精緻な絵が高い高い天窓に飾られるとしたら、もったいないわよねえ。細かな部分なんて、誰にも気づかれずに終わってしまうのだから。

マグネは残念ながら、不作でした。四角の名画マグネ以外には、ペーパーウェイトマグネがあったので、一つ連れて帰ってきました。それが、右の丸いのよ。

それにしても、あのステンドガラスは今までどこにどう置かれていたのかしら。まさか、コレクター・寄贈者であるあの歯医者さんの倉庫だったして。みんなに見てもらえるようになって、よかったわよね。
  • 2015.09.26 Saturday
  • 14:55

季節

おはぎ

rps20150921_220436.jpg

今年の秋は思いの外、涼しい日が多くて助かります。ま、雨は多すぎますけれど。で、お彼岸が近づいたら、ちゃんと彼岸花や萩の花が咲きだしました。ちゃんと秋は来ています。

秋はなんといっても、おいしいものが多いからたまらないわねええ。
実家の母の恒例の栗おこわもすでに2回食べ、本日はまぐネッタ製のおはぎです。春はバタバタしていて作れずじまいでしたから、今回は父のところへも届けました。今回の器は父が好きだった曲げわっぱよ。でも、わっばはおはぎより、お寿司の方があうなあ。
ちょっと残念!

それから、木曽福島と中津川の栗きんとんもすでにおいしくいただきました。後は和栗モンブランだわね。

ますます体重を増やすまぐネッタでした。
  • 2015.09.21 Monday
  • 22:05

マグネット

マグネット紹介その533

rps20150913_125756.jpg

皆様、ご無沙汰いたしております。あまりに投稿がないので、ガロの状態が悪すぎるのではと心配してくださった方もいて、反省しました。早速アップしたという次第です。そしたら、間隔があき過ぎたので、管理者ページに入るのにも、IDとか打たなくっちゃならなくて、こんなのは初めてだわね。反省!!

さて、肝心のガロはなんとか小康状態を保っています。もちろん、全く歩けないので、いざるしかありません。でも、食欲なんてすっかり元に戻りました(毎回、肉を炒めて混ぜ込んだりしてあげたるんだけど)。よかった、よかった。なにしろ獣医さんには、冬の段階で「暖かくなるまでは無理かも」と、夏には「これが最後のシャンプーになってしまうかもしれない」とか言われたのですが、ありがたいことに一応厳しい夏を乗り越えることができたみたい。油断は禁物ですけれど、10月12日わんこ会への参加を目標に介護の日々を続けますわ!!

さて、久しぶりの本業です。「カットバン」とか「サビオ」とかいうのは商品名で、正式には救急ばんそうこうというのかしらね。とにかく、それ!です。このマグネは木工作家の方の作品です。ごく薄くした板を使ってますから、ほんとのばんそうこうのように、やわらかくって、曲がるのよ。ただ、これだけ貼ってあると、???の方もいらっしゃるのよねええ。京都は平安神宮前で開かれていた楽市で買ったものです。
  • 2015.09.18 Friday
  • 14:50

わんこ

ガロ・あご乗せ枕

rps20150817_131917.jpg

すっかり歩けなくなってしまったガロです。時間を見て、もしくは本人いや犬がいざって動きだしたとき、外に抱きかかえて排泄したり、お水を飲んだりします。でも、四六時中見ていられるわけではないので、気づくと、何か茶色の物体がそこにあったりして。ペーパーや除菌シートは欠かせません。他にも消臭剤でしょ、目やにふき取りシートでしょ・・。介護おむつも買ってみはしたけれど、まだ使ってません。

さて、こうなってくると、体圧分散や低反発のマットが必要だわね。ごめんね、ガロちゃん、まだ買ってあげてなくて。

今日はまぐネッタが常に使っているTV用枕を提供してみたら、結構気にいったみたい。ちょっと高すぎるとも思うのだけれど、とにかく、なにかしら工夫をして体位を変えてあげねばなりませんからね。

暑い夏をなんとか乗り越えたいなあ。
  • 2015.08.17 Monday
  • 13:20

お出かけ

同窓会

rps20150816_104737.jpg

本日は同窓会で、およばれしてきました。今回は、36歳になる人たちよ。もちろん、まぐネッタも36歳??

退職しても、こんな風に再会の場があるというのは、なんて幸せなことかしらね。おまけに皆立派な社会人になっていて、あたりまえだけれど、びっくりよ。

同窓会に出て、毎回、痛切に感じることは、ちょっとした言葉の重みについてよ。まったく深い意図なく発した言葉が、感受性豊かな年齢の子たちには、大きく大きく受け入れられてしまうのだということに、今さらながら、あらためて驚きます。そして、その恐ろしさにもちょっとびびってしまうわね。そのちょっとした言葉が大きくふくらんだのならうれしいけれど、深く傷つけてしまったことも多々あるだろうとね。

ということで、お花とお菓子のお土産までいただき、ほんと幸せなひとときでした。お互いに健康で、また再会したいなあ。

 
  • 2015.08.16 Sunday
  • 10:48

花とみどり

朝顔

rps20150810_165810.jpg

子供のころ、理科は好きじゃなかったわね。だから、あの「朝顔の観察日記」なんて、いやでいやで、後からうそばっかり書いてた気がするな。

さて、時は流れ、おば(「あ」の入る日もせまってきたわね。絶対にいれないけど。)さんになったまぐネッタは、庭の隅に毎年こぼれた種から芽を出す朝顔をいくつか、今年、大きな植木鉢にあんどん仕立て風に移してみました。そしたら、ちょっと遅いけれど、ちゃんと咲き始めました。いいわねえ。大輪じゃないとこが、またいいわ。ここ数日朝は結構涼しいから、よけいにさわやかよ。

東北の隅にある物干しざおは朝顔のつるがまいて、まさに「朝顔に 物干しとられて 乾燥機」状態です。

まだまだ夏が楽しめそうね。ほんとはもう十分ですけど。
  • 2015.08.10 Monday
  • 16:59

おやつ

糖度14度

rps20150806_091006.jpg

甘いものはたいてい好きですから、果物だって、桃やブドウ、ナシ、トマトだって、スイカだって、高糖度がいいに決まっています。

で、スイカなら、糖度12度なら買うけれど、11度以下はスルーだわね。ま、12度というのも、そうは多くない・・・。

ところが、昨日、「14度」というのを発見!!! もちろん、カートに入れました。だって、14度なんて、まぐネッタは見たことがなかったから。残念ながら、14度で残っていたのはこれだけで、他のは12度だったのよね。同じ値段というのが不思議だわあ。で、どんなに甘いかしらと、期待でいっぱいになって帰宅したのでした。

上の写真をご覧くださいな。14度と書かれた証拠もちゃんと残して、写真を撮りました。キューブに切って、父の好きだった沖縄のお皿にのせたら、夏っぽくて、結構スイカだっておしゃれじゃないの。向こうのは小鹿田の刷毛目皿よ。

結果、「超、甘ああああい!!」。大満足でした。こんなスイカなら、ちょっとはお高くても、毎日食べたいなあ。

ここ数年、愛知県産の「祭りばやし」という、それは甘い甘いスイカをいただくのだけれど(糖度は不明)、それに勝るとも劣らぬ甘さで、大満足でした。ごちそうさまでした。

ところで、果糖というのもバカにならないって本当??
 
  • 2015.08.06 Thursday
  • 09:10